神経内科、脳神経内科

神経内科というと馴染みがないかもしれませんが、めまい・しびれ・歩きにくい・もの忘れ、といった脳や脊髄の症状を扱う診療科です。特に脳卒中は寝たきりになる原因第1位の疾患とも言われております。予防のためには高血圧・高脂血症・糖尿病・心房細動の診療が重要です。

 

主な症状
•頭痛
•物忘れ
•しびれ
•めまい
•手足や体が動いてしまう、ふるえる(不随意運動)
•力がはいらない(脱力)
•歩きにくい
•けいれん
•脚がむずむずする


疾患について
 
・頭痛
頭痛には、日常的に起こるものから、放っておくと命にかかわるまで、さまざまな症状や種類があります。また、症状に合わせた薬の選択も重要です。突然発症する頭痛や症状が増悪する頭痛は緊急を要する場合もあります。出血などによる頭痛はCTなどの画像検査が有用です。
 
・脳卒中 
脳の血管が詰まって発症する脳梗塞と、脳の血管が破れて発症する脳出血・くも膜下出血があります。また、脳梗塞の前触れ発作として、一時的に脳の血管が詰まり、数時間で改善する一過性脳虚血発作があります。脳卒中では障害される部位により、症状は様々ですが、典型的な症状として、顔の麻痺、手足の麻痺、ことばの障害があります。これらの症状があった場合、一刻でも早く検査と治療を受けることが重要です。

 

・めまい 
ぐるぐる回るめまいや、ふわふわするめまい、目がかすむ感じなど、症状はさまざまです。また、原因も脳からくるめまい、耳からくるめまい、血圧の変動や貧血、ストレスからくるめまいまど、状態によって異なります。症状に合わせた検査や治療が大切です。

 

・もの忘れ

もの忘れという経験は、どなたにも年齢ともに起こりえるものです。ただ、ご自分で気がつかないうちに、もの忘れが進んでしまうこともあります。「同じことを言ったり聞いたりする」、「大切な物をなくしたり、置き忘れたりする」、「物事への興味・関心がなくなった」などがありましたら、認知症の可能性があります。

 

・手足が動いてしまう、ふるえる

振戦や不随意運動と言いますが、手足のふるえや、上手く動けない・体が動いてしまうなどの症状があります。動きや種類によって脳の問題であったり、甲状腺の問題であったり、原因もさまざまです。また手のふるえはよくみられる症状ですが、パーキンソン病の始まりであることもあります。